勃起不全が治ることを祈る男性

勃起不全になってしまった、病院に行くのも恥ずかしい。朝、目が覚めたら治っていてくれ、と何度祈ったことか。眠りについたら夢にも出てきてもう限界…そこでついに薬で治すことを決意しました!あなたも悩まずチャレンジしませんか?

勃起不全の原因となるお酒の飲み過ぎとその対策

勃起不全に陥る最も大きな原因は、老化です。
肉体的な衰えを感じ始める40代以降になりますと、性機能の方にも問題が時折生じてきてます。
今では性的な刺激によって、ほぼ瞬間的にペニスが勃起していた男性も、加齢によって男性機能のスイッチが入りづらくなっていきます。
今までは確実に女性とセックス出来たのに、3日に1日は勃起に失敗し、ペッティングだけでベッドを降りる事になった等の問題が表面化し始めます。

勃起不全の主原因は老化による男性ホルモンの分泌量の低下です。
また分泌量が衰退してなくても、分泌の割合が乱れますと、中折れの発生頻度が増えます。
その結果として、3日に1日はセックスに失敗する、2日に1日の割合でペニスが途中で萎える等の不具合に苦しむ事となります。

また一方で生活習慣によって勃起不全に至る事例もあります。
特に原因として懸念されるのが、お酒です。
多くのカップルはセックスを始める前に、過度な緊張と羞恥心を抑えるためにとお酒を嗜みます。
お酒は気持ちを解放的にし、そういった心のストレスを緩和させるため、セックスしやすい環境を上手く作り出してくれます。
ただ一方でお酒一瓶を飲み干す等、過度な飲酒は逆効果となり、むしろ勃起不全の原因となり得ます。

ED治療薬とお酒をいっしょに服用すると、気持ちが解放的になり、同時に勃起力が即座に高められるといったアドバイスがありますが、そのメリットが得られるのはあくまで適量のレベルです。
お酒を飲み過ぎるとED治療薬の効用は失われ、副作用だけが残ります。
対策としてはお酒の摂取量をセーブする事やアルコール成分に耐性があるED治療薬に乗り換えるといったやり方があります。
ワインやビールの過剰摂取は勃起不全の一因になりますが、コップ一杯程度なら反対に心因性EDの予防となりますので、完全の断つのではなく、量や薬を上手くコントロールするのが大事です。